男性ボーカルがぶち当たるハイトーンの壁

男性ボーカルがぶち当たるハイトーンの壁

男性ボーカルがぶち当たるハイトーンの壁

おはようございます!シアノススタッフのオカモトです!!

Shotgun Marriage というバンドでGt.Voやってます!!

 

今回は、ハイトーンボイスについてめちゃくちゃ簡単に書こうと思います。

男性ボーカルなら「高音が出ない…」と一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

最近のバンドはなかなか高い曲が多くて、原キーで歌えない曲が多いですよね。

1番良いのは自分が出る音域合わせてオケのキーを下げ、無理をせず歌うことなんですが…

「凛として時雨」や「UVERworld」など、やっぱり原キーで歌いたいですよね!!

そこで簡潔にハイトーンを出すコツをいくつかあげたいと思います!!

今回は「ファルセット」「ヘッドボイス」「ミックスボイス」の中でも

ミックスボイスに近い発声法について、自分なりに勉強したことを書きたいと思います。

 

まず一つ目は…

鼻腔共鳴を感じること!!

例外はありますが、声が一般男性並み、それより低い方は鼻腔共鳴をしなければ力強いハイトーンを出すことができません!!

「鼻腔共鳴って何?」と思った方はYouTubeで調べよう!見た方が早い!

そして二つ目…

腹の底から湧き出すイメージで!!

「なにそれ」と思いますが、個人的には結構大事なことだと思ってます!

これをイメージすることで喉に余計な力が入ることが減ります。

リラックスすることでハイトーンは近づきます。力みだめ!絶対!

三つ目は…

好きなボーカルを聞き込み、発声法をイメージする!!

発声法が上手い人を聞いて「どうやって出しているんだろう」と考えることは大切です。

個人的オススメは、バンドでは「Offcial髭男dism」「king Gnu」歌い手では「あらき」「Gero」がわかりやすいかと!!

 

最後に

絶対に楽しむこと、無理はしないことが大事です。

凝り固まるとモチベーションは下がりますし、喉を壊しては元も子もありません。

イメージをして、色々な発声法を試してみましょう!!量より質です!!

何かあれば直接お話をお伺いしますよ!!

楽しく音楽をしましょうね!!