ライブハウスで演ってみ?

ライブハウスで演ってみ?

ライブハウスで演ってみ?

スタジオシアノスブログ、初の投稿でございます

HEADLAMP Gt,生松圭悟と申します。こんな感じのバンドでギターを弾いてます。

前回はthe ciboのぜんさんに。今回は自分にボスの小山さんから指令が飛んで来ました。

“為になる話”これ相当むずいっすね。笑

頭こねくり回して書いてくんで読んでもらえると幸いです。

さて、ここを利用してくれるのが学生の子達が多いこともあってこんなテーマを、、、

『ライブハウスで演ってみ?』

HEADLAMPが結成されたのは高校の時。今年で結成10年目を迎えます(なげぇ)

当時、通っていた高校の近くに高槻RASPBERRYというライブハウスがありました。

高槻RASPBERRYの周りには自分達が通っていた高校を含めて、学校が密集していることもあって軽音楽部はここでライブ!って場所やったの。

そんな場所が近くにあったお陰で”ライブハウス”でのライブデビューは早めだったのかなーと思います

そんなある意味では恵まれた環境にいたわけですが、ここに来てくれる専門の子とか、自分達のお客さんで音楽やってる子とかと話してて多いのが

ライブハウスでライブはしたことないです!

じゃあどこでライブすんの?!?!って頭の足りない俺は思ったわけですが

・文化祭や地元のお祭りのステージ

・専門学校の子は学校のライブホール

・そもそもスタジオで合わせるだけでライブはしない

その他、色々とあるみたい。

全然!それでも良い!

ライブしているのが偉いわけでもないし、音楽の楽しみ方は人それぞれ。

バンド活動もバンドの数だけあって良いと思う。

ただ、”ライブハウス”でライブをすることにも沢山沢山良いところがあります

1、生涯の仲間に出会える

これが一番。もうここで完結クラス。

バンドをして行く上で意地を張り合えるライバルであり、時には手を取り合っていける仲間

それは同期だけでなく、先輩だったり後輩だったり

同じ志でやってる奴らが集まるからこそ、分かり合えたときに生まれる絆はすんごいです。

2、ライブハウススタッフと仲良くなれる

自分もESAKAMUSEで働かせて頂いておりますが、何度も出演してくれるアーティストとは話す機会も多くなるので、当然仲良くなるきっかけも増えます。

そこで頑張ってるバンドはブッキングでも格好良いバンドが集まる日に当ててもらえたり、イベントするってなったら力を貸してくれたりも。

何より損得抜きにしても箱のスタッフさんって、話せば面白い人ばっかりやから楽しいよ

3、すんごいドラマが生まれたりする

これです。

ライブハウスだけじゃないねんけど、夢が集まる場所には必ずドラマが生まれると俺は思っています。

例え話とか上手く説明することは出来ないけど、これを体感できるのは本当にデカイ。

冗談じゃなく、たった一夜で人生が変わっちゃうようなことがあるんです。

そんな夜に何度も何度も助けられて来た!

他にも沢山沢山ありますが、このくらいで。

地下が多いから薄暗くてタバコ臭いし、スタッフさんは強面の人が多かったりする

ライブハウスって、飛び込むにはなかなか勇気のいるところよなーって俺も正直思う、けど勇気を出して是非一歩踏み込んでみて欲しいです!

出演したいけど繋がりがないしなぁ・・・とかなら、俺も小山さんもそのお手伝いは全然出来るからちょっとでも興味があったら是非相談してね!!

HEADLAMP 生松