練習!

練習!

練習!

どうも小山です。

今日は学生と一緒に練習してました!

スタジオの中じゃなくて、ロビーで1時間ぐらい一緒にウラをとる練習。

これって感覚的なことの方が多いのでどうやって教えたらいいのかわからないのですが、、、

とにかくいいノリ方が出来るかってところです。

その良いノリ方のままベースを弾くなり、ギターを弾くなり、ドラムを叩くなり出来るかどうかですね。

そしてウラがしっかり取れるようになれば、ウラをばちばちジャストで、オモテを少しルーズな感じにするとか。

逆にジャストにも出来るってことですね。

とにかく良いノリ方が出来るかです。

そのノリ方がその人のグルーヴに影響してくると僕は思ってます。

そのグルーヴは昔から聴いている音楽、インプットしてきている音楽が影響しているとも思います。

その子と一緒にめっちゃ地味ですが、1時間ぐらいクリック流しながらウラを取る練習してましたが、、、ドラムを叩かなくなってから練習してないので、出来なくなってました。。。

出来ることを増やしていき、そして自分のオリジナリティを作っていくってことやと思います。

プロになりたいならなおさらです。

パンクロッカーでそんなの関係ねーって人も、プロは基本的には出来ます。

だってめちゃめちゃ練習してますから。

てか練習って思ってやってない人も多いですね。

好きな事をもっとうまくなりたいって思いで楽器を弾いて、それが練習となってるんでしょうね。

とにかく、たくさん楽器に触れましょう。

翼くんは「ボールは友達」って言ってました。

楽器は家族って思って、接しましょう。

家族にきつく当たらないで!

家族は大切に!