カッコいいライブするために

カッコいいライブするために

カッコいいライブするために

こんにちは、小山です。

今日はカッコいいライブをやるためにすぐ出来ることを書きたいと思います!

と言ってもカッコいいライブなんて、人それぞれなのであくまで主観ですが。

自分たちのライブ動画を撮ってますか?

ライブ動画を客観的に観てみましょう。

これカッコいいなとか、これダサいなとか、チェックして、まずはそれを自分で認識するところから始まります。そしてポイントですが、

①自分が思っているより5割り増しで動く。

②しっかりリズムに乗る。(人が見てもわかるぐらい乗る)

③キメは存分にキメる。

④ぎこちなさをなくす。

⑤手元ばかり見ない。

⑥定型っぽい動きはやめる

これでだいぶ変わるはずです。

③のキメるところはなんでもいいですが、派手にいきましょう。

5割り増しです。

④のぎこちなさというのは、初心者にありがちなんですが、慣れていない動きだとバレてしまいます。ということは、目をつぶっても出来るぐらい練習しましょう。それはパフォーマンスも含めてです。なので練習の時も動く練習はある程度しましょう。

⑥の定型っぽい動きというのは、なんと言うんでしょうか。。。全員で揃えて右に左に楽器を動かすとか、、、

まぁライブ感がないとダサく見えてしますということです。

ライブはその瞬間に感じたものとか、その瞬間の感情の表現をその時にするからカッコいい訳で、エネルギーが伝わってくる訳で、心に響く訳で。。

まぁ自分がカッコいいと思うバンドの何がカッコいいかを分析してみてください。

初めはそれをマネすることも一つだと思います。

そこから自分流が生まれてきますので!

練習をしまくって、ライブしまくって、ライブを見ていると色々わかってくると思います!

なのでライブハウスに行きましょう!練習しましょう!

スタジオシアノスでは若手バンドを応援しています!