音楽配信について

音楽配信について

音楽配信について

どうも小山です。

音楽配信について仕組みの説明をしたいと思います。

今はもう手軽に個人で音楽配信ができるようになりましたね。

ですが、まだイマイチどういう仕組みなの?って人も多いかと思いますので説明しますね。

iTunes,LINE MUSIC,AWA,Spotify,レコチョクなど配信サイトと提携しているディストリビューターが配信手続きをしている。

まずはこれを覚えていてください。流れとしては、

アーティストが曲を作る

ディストリビューターに配信手続き

ディストリビューターが各配信サイトに配信手続き

配信サイトから配信開始

とまぁ簡単ですね。

あと配信するに当たって必要な情報としては、

ISRCコード、著作権の管理団体

この2つがわからないって人が多いのではないでしょうか。

ISRCコードとは、ググれば出て来ますが日本レコード協会が発行するレコーディングした1曲ずつに付与するコードです。

実は世の中にある楽曲、1曲ずつ管理しているんです。

すごいですね。

そして著作権の管理団体というのは、個人で管理しているか、JASRACに委託しているかというところです。もちろん他の著作権管理団体もありますがここでは省きます。

著作権の管理というのは、もし楽曲がカラオケで使用されたり、ラジオやテレビで放送された時に著作権の使用料が発生しますので、それを自分で徴収するか委託しているJASRACが徴収するかって感じで覚えておいてもらえれば大丈夫かと思います。

ディストリビューターは具体的にいうと、spaceshowermusicやTunecoreなどが有名です。

そこが自分の代わりに多くの配信サイトへ配信手続きをしてくれるので、依頼すれば勝手に配信されるようになります。

なので個人でもできるんですね。

いかがですか?

まだわからないことがあればスタジオに来てもらった時に説明させてもらいますので、スタジオへ来た時に気軽に聞いてください。

お待ちしてます!