音作りについて

音作りについて

音作りについて

こんにちは、コヤーマンです。

音作りについてちょっと書きたいと思います。

と言っても、音作りって正解はないので自分たちがコレ!って思ったものがあるなら正解なんですが、、、

基本的なところで、まずは自分たちのバンドがどう見せたいか。

ここが決まってないと音作りも出来ないと思います。なので自分たちのバンドがしっかり歌詞を聞かせたいのか、爆音で迫力出したいのか、そこははっきりさせておきましょう。

歌詞を聞かせたいのであれば、ボーカルを基準に音量を調節していきましょう。

そしてあまりボーカルの帯域に被らないように音作りもしていきましょう。

800Hz〜3000Hzあたりは声が出ている帯域ですので、この辺が出すぎるとボーカルが楽器に埋もれてしまう可能性が出て来ます。

もちろん、ギターのミドルを削り過ぎてもドンシャリみたいになっちゃうのでやりすぎ注意です。

イメージとしては、低音から高音まで全ての帯域をバンド全員で鳴らすってことを目指してください。

フルレンジが鳴ることで、迫力も音圧も出ているように感じます。

あとはギターやベースで気をつけないといけないことは、エフェクターを繋いで音痩せしてしまうことです。

音痩せしてしまうと、抜けが悪くなるので、少しでも音量が負けてしまうと聞こえなくなります。

高校生あるあるで、ギター2人で1人は直アンプ、1人はマルチエフェクター繋いで弾いた時にマルチエフェクター繋いでいる方が埋もれて全然聞こえない、だから音量大きくするってパターン。

そりゃ音の抜けが悪かったら聞こえないよ。

男は黙って直アンプ!

それは言い過ぎっすね。

まぁ色々試していきましょう!